1. ホーム
  2. 機能創成セミナー

機能創成セミナー Seminar on Mechanical Science and Bioengineering

第134回
2017年12月4日
13:00-14:00
豊中キャンパス 基礎工学部 D棟4階 セミナー室
高分子構造形成と両親媒性分子自己会合の分子シミュレーション
高分子や両親媒性分子などのソフトマターは、構造制御の工夫により多種多様な物性を発現する新規材料として期待される物質である。我々は、ソフトマター系における構造形成機構を分子レベルで解明し新規材料の創出に寄与するため、高分子や両親媒性分子の分子シミュレーション研究に取り組んでいる。具体的には、孤立高分子鎖や溶液中における高分子鎖の構造形成、デンドリマーと高分子電解質の複合体化、両親媒性溶液中におけるミセル形成や中間相形成、などに関する分子シミュレーション研究を行っている。また、ソフトマター系における構造形成機構の解明を通して、様々な系に普遍的に存在する非線形法則を探求するという基礎科学研究も行っている。本セミナーでは、これらの研究成果の概略を述べ、最後に、高分子系および両親媒性分子系の非平衡ダイナミクスに共通する普遍的性質についての考察を行う。
藤原 進(京都工芸繊維大学 材料化学系)
世話人:後藤 晋 / 参加者:未定
第133回
2017年11月17日
10:30-11:30
大阪大学基礎工学研究科 C棟4階 C419室
Inference of the stress field of a cell sheet
The mechanical behavior of living tissues is deeply connected with many important biological questions, yet little is known about internal tissue mechanics. Since the traction forces exerted by cells on a planar, deformable substrate can be measured, we propose to combine traction force data with Bayesian inversion to estimate the internal stress field of a cell sheet. The method is validated using numerical simulations performed in a wide range of conditions. It is robust to changes in each ingredient of the underlying statistical model. Importantly, its accuracy does not depend on the rheology of the tissue. Combining Bayesian inversion with Kalman filtering allows to process time-lapse movies of the traction force field. As an example of application, we provide an estimate of the tissue stress field close to cell delaminations in an epithelial cell monolayer.
Philippe Marcq (Institut Curie)
世話人:出口 真次 / 参加者:未定
第132回
2017年11月8日
13:00-14:20
豊中キャンパス 基礎工学部 D棟4階 セミナー室
球のMHDシミュレーションと新しい可視化手法「4次元ストリートビュー」
前半では球状容器内部でのMHD構造形成に関する最近の我々の研究を3つ 紹介する:(1) MHD緩和(単位球内部のMHD流体の磁気・運動エネルギー 緩和と構造形成)、(2) 球殻MHD対流(正多面体の対流パターン形成とそ のダイナモ)、(3) 薄い球殻での対流(single spiralパターンの形成)。 後半では大規模シミュレーションにおける可視化で現在標準的な方法と なっているポストプロセス可視化に代わる新しい可視化手法とその開発 状況を紹介する。
陰山 聡 教授
神戸大学システム情報学研究科計算科学専攻
世話人:後藤 晋 / 参加者:未定
第131回
2017年10月24日
13:00-14:30
基礎工学研究科A棟 A304講義室
Forging Mens et Manus: the MIT Experience in Upper and Lower Extremity Robotic Therapy
The field of rehabilitation robotics has grown steadily over the past decade, making significant clinical contributions. Studies have demonstrated both the efficacy and advantages of robotics for assessing and treating motor impairment. Recent guidelines, such as the 2010 AHA American Heart Association’s “Comprehensive Overview of Nursing and Interdisciplinary Rehabilitation Care of the Stroke Patient,” endorsed the use of rehabilitation robotics for upper extremity rehabilitation. The same is true of the 2010 VA/DOD guidelines. The recent 2016 AHA guidelines reaffirmed the same standing. The purpose of this talk is (1) to provide a concise yet broad-based review of the neuroscience basis of motor rehabilitation for the upper and lower extremity, (2) a historical perspective on how the field has developed, (3) review the state-of-the-art for upper extremity robotics, (4) and lower extremity rehabilitation robotics, and (5) describe on-going research at MIT.
Hermano Igo Krebs, Ph.D

IEEE Fellow
Principal Research Scientist & Lecturer
MIT, Mechanical Engineering Dept

Adjunct Professor
University of Maryland, School of Medicine, Dept Neurology

Visiting Professor
Osaka University, Mechanical Science and Bioengineering Dept
Fujita Health University, School of Medicine
Newcastle University, Institute of Neuroscience
Loughborough University, The Wolfson School of Engineering

Member Scientific PhD Board
University Campus Bio-Medico of Rome, Programme Bioengineering & Biosciences
世話人:平井 宏明 / 参加者:未定

お問い合わせ

大阪大学グローバルCOEプログラムへ