1. ホーム
  2. 領域の構成
  3. 非線形力学領域
  4. 教育

教育 -非線形力学領域-

非線形力学領域では、主に「解析学」と「情報処理技術」を基盤として、質点・剛体力学に始まり、固体力学、流体力学などの連続体力学、また両者に関与する熱力学、伝熱学、連続体に共通する波動・振動現象を取り扱う振動・波動論、材料の流動的な変形を取り扱う、粘弾性力学、塑性力学、材料の破断を取り扱う破壊力学、現実の材料に関連した材料強度学や評価学、実験に関連する実験力学など、古典力学の原理に基づくいわゆる理論・応用力学の体系全般に及ぶ教育を担当する。非線形力学は従来のいわば線形力学を包括するより精密な体系であることから、非線形という統一的な立場から従来の力学をもう一度見直し、力学全般に対する理解を深めるとともに、共通の基盤の上に幅広い視野と実力を兼ね備えた融通性のある学生の育成を目指している。

科目の詳細は、シラバスを参照して下さい。

お問い合わせ

大阪大学グローバルCOEプログラムへ