1. ホーム
  2. 領域の構成
  3. 機能デザイン領域

機能デザイン領域

機能デザイン領域は、人間の活動範囲の拡大に伴って近未来および将来必要となる人工物の新しい機能の開発に焦点を絞った教育と研究を行う領域で、推進工学講座と制御生産情報講座から構成されています。近未来の宇宙開発において重要な役割を担う信頼性の高いエンジンシステムや革命的新技術として期待されているDNAナノデバイス、将来の人工物に必要な知的情報処理やその生産加工技術の開発など、根本的解決が必要とされている問題に焦点を絞り、これらを具体的に解決することにより基礎工学を発展させようとするものです。

推進工学講座
地球―軌道系、軌道―深宇宙系の宇宙推進系を実現するために、気体力学、流体力学、プラズマ物理学、さらには流体・構造系の力学の立場からの教育と研究を行っています。また、分子流やプラズマ流を利用したバイオナノテクノロジーに関する教育・研究を行っています。
制御生産情報講座
将来の人工物に必要な新しい制御技術や知的情報処理、極限環境を視野に入れた新しい生産加工技術野の開発などに関する教育と研究を行っています。

お問い合わせ

大阪大学グローバルCOEプログラムへ