1. ホーム
  2. 領域の構成
  3. 生体工学領域

生体工学領域

生体の持つ巧妙かつ精緻な機能を発現する構造と機構を、さまざまなスケールで解析・理解すると、ともに、得られた知見を医学・工学などへ展開し、実用化をはかることを目指しています。
そのために、

  • 生体素材・組織の構造解析
  • 生体機能発現の原理・メカニズムの解析
  • 生体機械の基本単位の機能・構造相関
  • バイオメカニクスによる生体機能解析と生体システムのモデル化
  • 生体の運動機能の統合的理解
  • 生体計測・医用情報
  • 幹細胞の応用技術,分化誘導,情報変換
  • 生体を規範とする最適設計手法の開発

などに関する教育と研究を行っています。

お問い合わせ

大阪大学グローバルCOEプログラムへ